【洞川温泉】レトロ感あふれる天川村の温泉に行ってきたよ

洞川温泉

なんだこの心洗われる景色は! 奈良県天川村にある洞川(どろがわ)温泉。 一昨年に、宿泊なしで訪れてから、ずっと再訪を狙ってた場所。 この温泉街、元々は、大峯信仰の修験者の登山基地として栄えた場所でした。 ※近くの大峰山は、今時珍しい女人禁制の山です。「西の覗き」という超恐怖スポットもありますが、それはまた別の機会に。 写真を見ていただければわかる通り、レトロ感あふれる場所なのです。 ここを訪れるなら、絶対に夜がオススメです。 旅館のオレンジの明かりが、非常に心地いい雰囲気を醸し出します。 人気の温泉街と比べて静かなこともあり、個人的には日本で一番好きな温泉街です。

縁側カフェが超素敵!

夏場は縁側カフェ(天の川カフェ)のイベントをしており、 それぞれの旅館の縁側で、それぞれの旅館独自のメニューが楽しめます。 これがまた楽しい。 縁側で涼みながら、まったりと楽しむ時間の贅沢なこと。 大峯猪肉のソーセージを食べましたが、 ジューシーでおいしかったです。

花屋徳兵衛

今回宿泊の旅館は、花屋徳兵衛さんです。 一番上の写真の旅館がそうです。 洞川温泉街で、一番ステキな旅館なのではないでしょうか? 部屋付き露天の部屋に泊まったのですが、 部屋付きだと誰の目も気にせず、読書でもしながらゆっくり温泉を楽しめて最高でした。 ただ、1つ惜しむらくは、「天空の間」という通りからは距離のあるお部屋だったこと。 もちろんこちらの部屋も落ち着いていてよかったのですが、 次回は洞川の街並みが楽しめる「表の間」とかも気になります。

アクセス

基本的には、車でのアクセスをオススメします。 今回我々はレンタカーを借りて旅行しました! 電車・バスを乗り継いでも来れなくはないですが、面倒くさいです。笑 一応アクセス記載しておきます。 —————————————————- ・大阪阿部野橋駅から近鉄電車「吉野行き」特急で下市口駅下車(約1時間) ・奈良交通バス「洞川温泉行き」で最終バス停「洞川温泉」下車(約70分) —————————————————-

これぞ温泉街!

そんな気持ちになれる温泉です。  ]]>

OTHER ARTICLE