【商品紹介】箸墓の箸置き

箸墓の箸置き_アイキャッチ

11/23(金)に、大阪で開催される「はあちゅうサロンマルシェ~関西あきない市~」に NaraDeWaが、”奈良ならでは”の魅力あふれる商品を携えて、出店します。 そこで、この記事では、マルシェで販売する商品をご紹介します。

第1弾は、奈良の”あるもの”をモチーフにした箸置き。

「箸墓の箸置き」

この超キュートな箸置きは、 その名も「箸墓の箸置き」! 箸墓の箸置き その名の通り、箸墓古墳という古墳がモチーフになっています。

「箸墓古墳」って?

箸墓古墳 そもそも箸墓古墳って?という方がほとんどかと思います。
箸墓古墳(はしはかこふん、箸中山古墳)は、奈良県桜井市箸中にある古墳。 形状は前方後円墳。 実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「大市墓(おおいちのはか)」として第7代孝霊天皇皇女の倭迹迹日百襲姫命の墓に治定されている。また周濠が国の史跡に指定されているほか、周濠の一部は「箸中大池」としてため池百選の1つに選定されている。

Wikipediaより

箸墓古墳は、奈良県の桜井市にあります。 いわゆる前方後円墳で、3世紀代の古墳です。 このお墓、卑弥呼の墓という説もあり、 『日本書紀』には、箸墓は「昼は人が造り夜は神が造った」との不思議な記事が残っています。

「箸墓の箸置き」の特徴

「箸墓の箸置き」は、この箸墓古墳をモチーフにしており、3D測量された箸墓古墳の現在の姿を古墳を分断する通り道の跡まで再現しています! こだわりがハンパない…!∑(゚Д゚) 箸墓の箸置き しかも、なんとこの箸墓の箸置き、1つ1つ手作りで制作されています! 色味や形に個体差があり、それもまたいい…! カラーは「こけいろ」「さくら」「わかくさ」の3色! 淡い色合いで、めっちゃかわいいです♡ 箸墓の箸置き この箸置きが食卓に置かれている光景を想像してみてください! 食事が少し楽しくなりますよね?(´∀`) 友達を家に呼ぶときにも、ちょっとオシャレな自分を演出できます♪ (我が家にも揃えています。笑) 箸墓の箸置き
サイズ:約 縦4.7㎝ 横2.5㎝ 厚さ1.4㎝ 重 さ:約 12.5g 素 材:オーブン陶土 ※防水・耐油コート剤を塗り焼成。

作者「ヨシノマホ」さん

センスあふれる、この箸墓の箸置きを制作しているのは、ヨシノマホさん。 奈良クリエイター。 ゲーム会社のグラフィックデザイナーを経て、 現在は、ご家族で「うどんカフェ三和」を経営されながら、 「奈良」をテーマにした手づくり雑貨などの販売したり、マンガを描かれたりされています。
三和

関連ランキング:うどん | 下市口駅

マホさんの描かれる、奈良をテーマにした4コマが、 ディープで、おもしろい!! 作られる作品もセンスが溢れ出ています∑(゚Д゚) すごく好きなんですよね、このセンス。 ▼新作も製作中のよう「ホットドッグウ(土偶)」▼ このヨシノマホさん、 「奈良関連のグッズを制作&販売しながら、奈良をアピールしたい」という想いを 持ってらっしゃいます。 そんな奈良へのアツい想いを持った奈良クリエイター、ヨシノマホさんだからこその 「箸墓の箸置き」のこだわりなのです(´∀`)

まとめ

「箸墓の箸置き」、とにかくめっちゃかわいいので、 一度手に取ってみてください。 そして、食卓に連れて帰ってあげてください! いつもの食事がちょっぴり楽しくなります♪(。・∀・。)]]>

OTHER ARTICLE