不動七重の滝

不動七重の滝

不動七重の滝の概要/見どころ

奈良県吉野郡下北山村。吉野熊野国立公園の特別地域内に不動七重の滝がある。日本の滝百選にも選ばれた豪快な滝だ。下北山村は奈良県の南部にあり和歌山県との県境にも近い。

池原ダムの上流。前鬼山中で最大の滝で、深い山間より七重となって流れ落ちる滝だ。7段の滝の合計標高差は140m。遠方からでも十分滝の姿を見ることができる。その姿をよりはっきり見たければ、展望台にいかねばならない。展望台へは車で行くことが可能だがすれ違い困難な道なので運転に注意が必要だ。

展望所にたどり着くと山水画や水墨画の世界のような美しい滝の姿を見ることができる。遊歩道があって滝の近くまで近づくことは可能だが、道は険しく高低差もあるため体力を消耗する。そもそも不動七重の滝は修験者たちの修業の場の一つだという。それを考えれば、険しいのは当然だ。

滝から流れ出た水は前鬼川となって下流に下る。前鬼の名は、役小角の従者とも式神ともいわれる「前鬼」がこの滝のそばに住んだことに由来する。川の水は青く透き通り、清流であることをいやがおうにも感じさせる。ダムなどの人工物がないため、自然の美しい水が流れているからこその透明度だろう。神秘的な青さが印象的な川だ。

不動七重の滝の営業時間

特になし

不動七重の滝の料金

特になし

不動七重の滝のアクセス

公共交通機関(電車/バス)

近鉄吉野線大和上市駅からバスで40分(奈良交通「湯盛温泉杉の湯」行き)、
「湯盛温泉杉の湯」で乗り換え、バスで90分(奈良交通「上桑原」行き「前鬼口」下車)
徒歩1時間40分

自家用車

熊野尾鷲道 熊野大泊IC:40分

不動七重の滝の体験レポートはこちら

OTHER ARTICLE