奈良公園

奈良公園

奈良公園の概要/見どころ

総面積が約660ヘクタール(東西約4キロメートル、南北約2キロメートル)に及ぶ広大な地域にまたがるエリア。
歴史的文化遺産である東大寺・興福寺・春日大社や文化施設である国立博物館・正倉院などが点在し、歴史公園とも称される。
公園内には、多くの国宝指定・世界遺産登録物件が存在する。

公園内の大部分は芝生となっており、約1200頭に上る鹿が徘遊している。
「奈良のシカ」は、春日大社の神使とされており、国の天然記念物にも指定されている。
同じく奈良公園内に存在する東大寺の”大仏”と合わせて、奈良を象徴するマスコットとなっている。

奈良観光におけるメインスポットであり、年間1000万人を超える多くの観光客が訪れる。

奈良公園の営業時間

365日24時間

奈良公園の料金

無料
※イベント時は別途料金が発生する可能性あり

奈良公園のアクセス

公共交通機関(電車/バス)

近鉄奈良駅:徒歩5~15分
JR奈良駅:徒歩15~30分

もしくは、
JR奈良駅・近鉄奈良駅より市内循環バス外回り
「氷室神社・国立博物館」/「東大寺大仏殿・春日大社前」/「春日大社本殿」下車

自家用車

名阪国道天理インターチェンジ:9km
第二阪奈有料道路宝来ランプ:6km
京奈和自動車道木津インターチェンジ:10km

奈良公園の体験レポートはこちら

鹿が迫ってくる!奈良でしかできない鹿寄せ体験

【2018年版】鹿苑「子鹿公開」!赤ちゃん鹿に癒やされて

OTHER ARTICLE