谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋の概要/見どころ

谷瀬の吊り橋(たにぜのつりばし)奈良県吉野郡十津川村に架かる日本最長の生活用鉄線の吊り橋。

1954年に、十津川(熊野川)に架橋され、長さ297m、川面からの高さ54m。
日本でも屈指の長さを誇る吊り橋である。
1994年までは日本一長い歩道吊り橋であったが、現在は茨城県の竜神大吊橋に日本一の座を譲っている。

生活の不便さを解消するため、谷瀬集落の人々1戸あたり20~30万円という大金を出し合い、建設された。

風が吹くと非常に揺れて恐怖を感じるが、渓谷に沿って連なる山々や橋の下を流れる美しい川は絶景である。

谷瀬の吊り橋の営業時間

24時間365日
見学自由

谷瀬の吊り橋の料金

無料

観光シーズンは一方通行規制が行われており、帰りは有料のバスの利用が必要。

谷瀬の吊り橋のアクセス

公共交通機関(電車/バス)

奈良交通(八木新宮線・十津川線) 上野地停留所:徒歩3分
※車内放送では「上野地、谷瀬の吊り橋前です」と案内がある。

特急(八木新宮線)を利用すると、当停留所で20分程度の休憩時間があり。

自家用車

国道168号

谷瀬の吊り橋の体験レポートはこちら

【谷瀬の吊り橋】奈良県十津川村の日本一の吊り橋を渡ってきたよ

OTHER ARTICLE