唐招提寺

唐招提寺

唐招提寺の概要/見どころ

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある寺院。
鑑真和上発願による私院である。(奈良の寺の多くは勅願による官寺)

南都六宗の1つである律宗の総本山。
本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。

天平宝字3年(759年)、「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけでした。
唐招提寺を象徴する金堂は、8世紀後半、鑑真和上の弟子の一人であった如宝の尽力により、完成したといわれている。

奈良時代建立の金堂、講堂を始め、多くの文化財を有し、1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。

唐招提寺の営業時間

8:30~17:00
(受付は16:30まで)

唐招提寺の料金

拝観料

大人/大学生 高校生 中学生 小学生
個人 600円 400円 400円 200円
団体 480円 320円 320円 160円

団体料金は30人以上
学校の引率者は無料

特別拝観

大人/大学生 高校生 中学生 小学生
御影堂
(開山忌/観月会)
500円 3400円 300円 200円
新宝蔵 200円 100円 100円 100円

唐招提寺のアクセス

公共交通機関(電車/バス)

近鉄西ノ京駅:徒歩8分

自家用車

第二阪奈有料道路 宝来ランプ:3km
西名阪自動車道 郡山IC:8km

唐招提寺の体験レポートはこちら

 

OTHER ARTICLE