大和三山

大和三山

大和三山の概要/見どころ

奈良盆地の南部。橿原市にそびえる三つの山の総称。標高152mの天香具山、標高199mの畝傍山、標高139mの耳成山である。この三山の中心に藤原京が置かれた。

藤原京からみて東にあるのが天香具山。持統天皇の「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」の歌でも知られる山。太陽信仰の聖地とされた。山腹には國常立神社がある。國常立命は神世七代の最初に生まれたとされる古き神。神世七代の最後に生まれたのがイザナギ・イザナミであることを考えると、大昔の神だ。天香具山の表記は、天香久山と天香具山の両方がある。

畝傍山は神武天皇がふもとに宮を置いたとされる山で死火山。大和三山で最も高い山だ。かつて山頂には畝傍山火口神社があったが、神武天皇陵や橿原神宮を見下ろすのは不敬だとされ、政府の命令により現在地に遷座させられた。

耳成山は畝傍山と同じく死火山。山の形は最もバランスが取れた美しい形。山の南部には耳成山公園が整備されている。山頂よりやや低い場所に耳成山口神社がある。創建は定かではないが、奈良時代から存在していたことがわかっている。

大和三山はいずれもシルエットが美しいことから、万葉集などでしばしば詠まれた歌枕の地だ。

大和三山の営業時間

特になし

大和三山の料金

特になし

大和三山のアクセス



公共交通機関(電車/バス)

畝傍山

近鉄畝傍御陵前駅:徒歩で10分

耳成山

近鉄大和八木駅:徒歩で15分

香久山

近鉄大和八木駅からバスで25分、「南浦町バス停」:徒歩で5分
近鉄耳成駅:徒歩で20分

大和三山の体験レポートはこちら

OTHER ARTICLE